塩酸・硫酸・アンモニアの希釈の方法

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

基本的な薬品の希釈の方法について、浜島書店の理科便覧243ページなどを見ると解説が載っています。

なお、中学校で使うことが多い塩酸は、濃塩酸を一気に薄めて使うといいそうです。10%の塩酸を作るには、体積比で濃塩酸1に対して水を⒊2加えるとできます。

たとえば500㎤入りの濃塩酸を全て10%にするには、1600㎤の水で薄めるといいので、3リットルのポリエチレンの瓶に薄めて保管すると便利です。必要に応じて水を加えて希釈します。

式でも確かめておきましょう。

例えば濃塩酸は12mol/Lで、密度は1.18g/mLなので、例えば濃塩酸1L(1000mL)の溶液の質量は、

1.18×1000=1180g

また、溶質の質量は、分子量を36.5とすると、

12×36.5=438g

よって濃塩酸の質量%濃度は、

438/1180=37.1%

です。この濃度を水を加えて10%にするためには、加える水の量をx[g]とすると、

438/(1180+x)=10/100

x=3200g

となります。よって塩酸1Lに対して、水3.2L加えれば、濃度が10%の塩酸になることになります。塩酸が500mLなら、その半分なので、1.6Lとなります。

塩酸や硫酸の希釈の方法などについて参考になるサイトをまとめておきました。メモ程度のものです。なお濃塩酸の濃度と濃硫酸の濃度の違いは、溶解度の違いによるとのことです。

参考になるサイト

参考:http://www.keins.city.kawasaki.jp/9/ke9004/benrihp060821/2020.benrichou.ensan.pdf

濃塩酸の濃度は12mol/Lである。したがって,1mol/Lの濃度にするには12倍に希釈する必要がある。総量が12でその中に塩酸が1ということで,塩酸1:水11の割合で混ぜるとよい。

※注意 希釈するとき,酸やアルカリに水を加えると溶解による発熱で,加えた水が飛び散って危険なことが起こりうる。希釈するときは必ず,水に酸やアルカリを加えるようにする。

【塩酸の場合】
・ 濃塩酸の濃度は12mol/Lである。したがって,1mol/Lの濃度にするには12倍に希釈する必要がある。総量が12でその中に塩酸が1ということで,塩酸1:水11の割合で混ぜるとよい。
(例)水110mLに塩酸10mLを入れる。
※注意 希釈するとき,酸やアルカリに水を加えると溶解による発熱で,加えた水が飛び散って危険なことが起こりうる。希釈するときは必ず,水に酸やアルカリを加えるようにする。
【水酸化ナトリウムの場合】
・ 水酸化ナトリウムの1モルは40gである。したがって,40gの水酸化ナトリウムを水に溶かし1Lにした時が1mol/Lである。
1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mLを作るときは,4gの水酸化ナトリウムを水に溶かし100mLにする。
※ 水酸化ナトリウムは水に溶かす際に発熱反応を起こす。そこで,少量の水で溶かし,水温を上げてから残りを溶かすようにすると簡単である。
【アンモニア水の場合】
・ 濃アンモニア水は14mol/Lである。したがって,1mol/Lのアンモニア水を作るときは,濃アンモニア水1:水13の割合で混ぜるとよい。
※ 溶質が液体であればモル濃度,固体の場合は分子量が分かると目的とする濃度の水溶液を作ることができる。

参考 http://www.edu.pref.kagoshima.jp/curriculum/rika/shou/syougakkou2/gihouhtm/01page/page03.htm

 

*酸性・アルカリ性を調べる実験 この実験ではリトマス紙の色が変わればいいので,通常約 0.3 ~1 mol/L 程度で 十分です。0.3 mol/L ならば,濃塩酸:水= 1:39 *金属を入れて水素を発生させる実験 金属を溶かす実験では,ある程度の濃度が必要です。約3 mol/L に薄めましょう。 濃塩酸:水=1:3

参考 https://www.ice.or.jp/nc/?action=common_download_main&upload_id=1169

#塩酸 #うすい塩酸 #希釈

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから