毎日が実験。

※ 休校中で学習に遅れが生じている受験生の皆様へ

新型コロナウィルスの影響により、学習が遅れている受験生に向けて、実験・プリント付きオンライン授業を配信することにしました。中でも最後の追い込みになりがちな原子分野についてはすべてアップロードしましたので、よろしければご活用ください。なお、他県の生徒からの連絡により始めたもので、本来は内部生に向けたものです。

科学のネタ帳について

科学の不思議さやおもしろさなどを伝えるために開設しました。検索ボックスから「ペットボトルロケット」など様々に検索をしてみてください。 例)静電気実験

GET IN TOUCH

科学ChFBページ インスタTW RSS

桑子 研(Kuwako Ken)

桑子研

サイエンストレーナー。共立女子中学高等学校の理科教師『桑子研』として務めるかたわら、『ケン博士』として全国で実験教室などを開催。1981年群馬県生まれ、東京学芸大学卒、筑波大学大学院修了。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)などの科学啓蒙書・参考書・科学の絵本など10数冊。その他に教員向けや子供向けの実験講座講師(ナリカ・T-KIDS)、テレビ等の科学番組の監修、東京書籍の教科書編集委員なども。関わった人が、嬉しそうな顔をすることがエネルギーとなって日々活動をしている。より自然のあふれる場所ではたらくのが夢。

お気に入りの実験道具:マイ バンデグラフ(静電気発生装置(個人持ち))、イージーセンス(センサー機器)

※ 実験教室・執筆・科学番組の監修等のご依頼についてはこちらからお願いします。なお科学とは関係の無いご依頼については、ご協力いたしかねます。ご了承ください。

経歴

・群馬県立中央高等学校理数科
・東京学芸大学
・筑波大学大学院環境科学研究科(2006年度 環境科学研究科代表)
・共立女子中学高等学校 理科教諭 (物理専門)

著作物一覧

<検定教科書の編集について>

 東京書籍の検定教科書編集委員を務めており、『新編物理基礎』(東京書籍)、『物理基礎』(東京書籍)、『物理』(東京書籍)の編集作業に携わりました。また指導書の執筆やデジタルコンテンツの開発も行いました。

テレビ等の監修・協力

実験教室の開催

北は青森、南は鹿児島まで、多数の実験講演等を全国各地で実施しました。実施した講座等はこちらから御覧ください。

その他のメディア掲載等

研究

  • Ueda, H., A. Iwai, K. Kuwako and M.E. Hori, 2006: Impact of anthropogenic forcing on the Asian summer monsoon as simulated by 8 GCMs. Geophs. Res. Lett, 33, L06703, doi:10.1029/2005GL025336.
  • 桑子研,植田宏昭,岩井彩香,堀正岳:「地球温暖化に伴うエルニーニョ現象の変調」日本気象学会2005年秋季大会(11月20日神戸大学)
    大学では気象物理について学びました。地球温暖化に関して世界の様々な国が開発した大気大循環モデルの結果を解析し、地球温暖化によってエルニーニョ現象などの異常気象の発生や頻度がどのようになるのかを調べました。この研究活動により2005年度筑波大学大学院環境科学研究科代表に選出されました。

その他の活動