10万ボルトを体験!静電気発生装置に手を近づけてみると… 【静電気実験】

ケン博士
静電気大好き!サイエンストレーナーの桑子研です。

静電気発生装置!

ピカチューの必殺技の電圧は10万ボルトらしいのですが、ナリカ製の #静電気発生装置 ( “バンデグラフ )の電圧は最大15万ボルトですから、ピカチューを超えています。そんなバンデグラフを動かし上がら、手を近づけてみると、バンデグラフの10cmくらい手前から、放電現象が観察できます。その様子を動画におさめたので、御覧ください。

いかがでしょうか。

スイッチを切ろうとしたら、もっとすごいものが…!

 放電するときに、バンデグラフにたまったマイナスの電気がぼくの手をとおって、足に放電されていくので痛みを感じます。

電気がながれたとき神経に電流が流れて、筋肉が収縮するので、ぼくはビクッと手が動きます。このとき不快感(ちょっとした痛み)を感じます。

10万ボルトだと、だいたいこの程度なので、理屈上、ピカチューの技の10万ボルトというのは空間で言えば10cm程度しか飛ばないはずです。技としてはどうなのかな?とも思います。ただ電流量が多いのであれば、それは危険ですが、敵の近くまで近づく必要があるのは確かです。

火花放電は、 #誘導コイル をつかって継続的に観察することができます。

上記のバンデグラフを使った場合のような #火花放電 は300万V/mの電場で起こりますが、自然界の雷は20万V/mあたりで起こると言われており、なぜこのように低い値で起こるのかはまだわかていないそうです。なおこちらは実際の落雷(稲妻・雷)の写真です。研究者の川瀬さんからいただきました。宇宙線によって空気の分子がイオン化されて、放電が起こりやすくなっているのではないかとも言われています。

Wikipediaによると落雷時の電圧は200万~10億ボルト、電流は1千~20万、時に50万アンペアにも達するそうです。

※ この実験は「沸騰ワード10」(日本テレビ)という番組で取り上げられた #静電気 に関する実験です。広瀬すずさんがバンデグラフに手を近づけています。手の甲を向けたほうがいいと広瀬さんに伝えて、放電の様子を体験してもらいました。詳しくはこちらをどうぞ

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから