静電気を使って蛍光灯を光らせよう!バンデグラフ実験

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

バンデグラフに静電気をためて、バンデグラフに蛍光灯をもって触れると、蛍光灯が発光します。

おもしろいですよね。発光するとき若干痛さも感じますが、それはバンデグラフからマイナスの電荷が蛍光灯をとおり、ぼくの体に流れて、地面へ逃げているためです。微弱な電流が流れているのですね。

明かりを消すとよりよく観察できます。

蛍光灯の持っている部分まで光るのがまた面白いところですね。体にいちどためてから放電をさせて光らせることもできます。

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから