手作りで線香花火を作ってみよう!(乾留)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

手作り #花火 を作ろう!という講座を先日見学にいってきました。割り箸を #乾留 して、硫黄や硝酸カリウムとまぜて手作りの線香花火を作るというものです。

準備:割り箸、硝酸カリウム、硫黄、鉄粉

器具:ガスバーナー、試験管、ガラス管付きゴム栓、乳鉢と乳棒、和紙、水槽

まずは割り箸を蒸し焼きにして、外気を遮断して加熱分解して、揮発成分と不揮発成分をわけていきます。割り箸から、木炭(炭)と、木ガス(可燃性のガス)、木タール(黒褐色の粘った液体)などができます。

写真は木炭と木タールです。ガスバーナーをつかって試験管に割り箸をしれて、乾留をしていきますが、このとき、試験管の口はかならず少し下にむけておきましょう。また試験管は密閉してはいけません。

次に木炭0.4g、硫黄0.6g、硝酸カリウム3.0gを乳鉢でまぜていきます。これが黒色火薬で、火縄銃などでかつて使われていたそうです。木炭が燃焼の役割、硫黄は発火点(232度)を下げる役割(木炭は発火点が250度〜300度)、硝酸カリウムは酸素を供給する酸化剤の役割をもっているのだとか。

灰色の粉ができます。

これを細く切った和紙の上に、薬さじ(小)2杯くらいのせて、ねじっていきます。

完成!

水槽の上で火をつけてみます。

うまく行かなかった例

うまくいくと、線香花火に!

火の色は紫色(カリウム)になるのも確認できました。

#実験 #化学

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから