1つのLEDで6役!?R・G・Bの三色LEDが使えそう!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。

面白いLEDをかいました。足が4本ついています。

足を適当にひろげて、ボタン電池(3V)を接続してみます。足が一番長いのが+、その他順番に一本ずつを接続すると、

と、こんな具合でいろいろな色が出ます。光を混ぜることができそうですよね。

光の三原色

早速やってみました。

緑と青、うまくきれいに混ざり合います。

赤と緑は赤が強いのか、黄色にはならずにオレンジ色になりました。

青と赤は、赤が強すぎるのか、紫にはならずにほとんど赤。このLEDの特性でしょうか。

1つのLEDで三色が出るというのが良いところ。中国からの輸入になってしまい、かなり待たされましたが、面白いものを手に入れました。ちょっと長くかかりそうですが、もしよかったら買ってみてください。1個7円くらいです。

今度、科学実験講座などで使用してみようと思います。

[amazon_link asins=’B081Y9NJN9′ template=’ProductCarousel’ store=’kuwako-lab-22′ marketplace=’JP’ link_id=’dff81f78-3882-4598-b042-17b3480bddb9′]

100個入っています。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから