円運動と正弦波の関係がよくわかるインタラクティブ教材

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 今日はスクラッチで作った教材について紹介します。

電車の中でピョンキー(スクラッチのアイパット版)をつかって、円運動と正弦波の関係がよくわかる、動く教材をつくってみました。授業で使いやすいように、ゆっくりと動くような速度の調整もできるように設計しました。プロジェクターを使って黒板に映し出して、説明することを前提に作っています。もしよろしければご利用ください

動画でも撮影してみました。フラッシュが動かない場合はこちらも合わせてごらんください。

動画でみたり、触ったりするとわかるように、ボールが等速円運動をまわりながら、その高さ方向(sin)の振動の様子のボールと、y-tグラフが描かれていきます。

ボールの単振動の様子がつかめますね。下のボタンを押すと、スピードの調整と位置のリセットができます。ytグラフのリセットもできるようにしています。物理だけではなく数学でも使えると思います。

プログラミングをしながら、どのように命令をだせば目的の動きが得られるのかを、試行錯誤しました。頭の中にこういうきょうざいがほしい!というイメージが先行して粘土をこねるようにして作り始めました。

最終的なゴールは、生徒自身にこのような一連の流れを体験させることですが、とりあえずめずは私ができければいけないということで、もう少しスクラッチで遊んでみたいと思います。

みなさんも開発をした教材がありましたら、ぜひ教えて下さいね(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。