ピーナッツ(落花生)と無胚乳種子について調べてみました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

イネは、胚乳種子で、「胚」と「胚乳」があります。胚乳は胚が成長するためのエネルギーです。また、イネからもみがらを取り除いたものが玄米、玄米から「ぬか」と「胚」をとりのぞくことを「精米」、「胚乳」だけにしたものが白米だそうです。

対して、ピーナッツは無胚乳種子です。胚(幼い植物体)はありますが、胚乳(栄養分)はありません。こちらは先日食べたピーナッツです。割っていました。

落花生の食べている部分はほとんどが胚(子葉)。「幼芽」と「幼根」の部分で、本体は「子葉」というそうです。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから