シャボン玉を意のままに操る!の術(静電気実験)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

普段何気なく飛ばしているシャボン玉。ふわ~っと吹くと、風にのって流されながら、少しずつ重力によって落下していきます。質量が小さく空気抵抗の影響を大きく受けるため、ゆっくりゆっくりと落ちていきます。

そんなシャボン玉に静電気を近づけるとどんな反応を示すのでしょうか。さっそくやってみました!

いかがでしたでしょうか。

用意するもの

風船、タオル、シャボン玉

方法

1 道具を用意して、まずは風船をタオルでこすり静電気を起こしておきます。

2 シャボン玉を飛ばします。

3 シャボン玉の近くに風船を持っていきます。

すると、あら不思議!

シャボン玉が風船に引き寄せられていきます。同じような実験に静電気チョウチョがあります。こちらと比べてみると、

飛び続ける手作りチョウチョはなぜ落ちない?静電気で遊ぼ

まったく逆の動きをすることがわかります。なぜ?

仕組み

風船をタオルでこすると、風船はプラスに帯電します。シャボン液の中には水分が含まれています。水は極性をもっているので、水に風船を近づけると、次の動画のように近寄ってきます。

電気を描くと、

これと同じことがシャボン玉にもおこり、風船に引き寄せられるように動くというわけですね。面白い。

なお風船に砂糖などを溶かして入れると少し割れにくくなり、長く実験を楽しむことができるようになります。その分、部屋がベチョベチョにもなりますから、外でやるのがおすすめです。ご家庭でお楽しみください。

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから