電気力線がよく見える!バンデグラフに紙をたくさん貼り付ける

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

バンデグラフは回転するゴムにたまったマイナスの電気を、上部の金属部分にためることができる装置です。一見複雑そうに見えますが、仕組みはシンプルで、風船を絹でこすっているのと同じです。今回はこのバンデグラフに紙をはりつけた状態で、静電気をためてみようと思います。どのようになるのでしょうか。

今回つけたのはケント紙ですが、半紙など薄くて軽いものがおすすめです。スイッチ・オン!

もびゃーん!!

このようにこの球から紙が放射上に、電気力線の向きに伸びます。面白いですね。

もっとお手軽にやりたい場合は、ビニールテープがいいですね。このように貼り付けて…

スイッチON!動画を見てください!

ひゃー!!

電気を取り除いてみると…

バタっと落ちます。

指で触ってもOK。バタッと落ちます。

面白いですね!お試しあれ!

[amazon_link asins=’B07F7QG86R’ template=’ProductCarousel’ store=’kuwako-lab-22′ marketplace=’JP’ link_id=’1200cc93-75e5-44b3-a342-7fc1248d5723′]

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから