三次元グラフがすぐに描けるGpraherの使い方

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

Grapherの使い方について、良い教材を発見したので紹介します。GrapherはMacに標準で入っているソフトで、数式を打つだけできれいな3次元のグラフを描くことができるソフトです。ぼくも三次元で表現したい、電位図や螺旋の様子を描くときなどによく活用しています。右上の虫眼鏡マークから、「Grapher」と打ち込みソフトを立ち上げてみてください。

これです。はじめてだと使い方がわからないと思いますが、使い方がよくわかるのがこちらの教材です。

http://extreme.phys.sci.kobe-u.ac.jp/extreme/staffs/okubo/lectures/Programming/joho13.pdf

Grapherの基本的な使い方からはじまり、グラフの描き方などがまとめられています。Grapherにはじめて触るという方も、ぜひお試しください。実践例については、ぼくの記事も参考にしてみてくださいね。

コンデンサーの電場の様子を立体的に見ていよう!

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。