アブラナとツツジの花の作りについて調べました(中1 理科2分野)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

#アブラナ#ツツジ#花のつくり について、中学1年生の理科2で行いました。こちらはアブラナです。この付近のアブラナは4月中旬から咲き始めて、下旬にはもう散り始めることがわかったので、4月の授業でひっくり返して行いました。こちらがアブラナの花ですが、すでに下の方に実ができています。

5月に入ってからみてみたら、実しか残っていませんでした。アブラナの花をピンセットをつかって分解してセロテープに貼り付けていきます。ある生徒のつくったものを写真でとらせてもらいました。

アブラナは通常、がくは4枚、花弁は4枚、おしべは6本、めしべは1本ということだそうですが

うまく取り出せているようですね。

続いてツツジについてです。ツツジは合弁花なので、分解がしにくく困っている生徒も多かったですが、それが特徴ですね。同僚の先生のアイデアにより、テープは幅広のものを用意しました。OPPテープというものです(オリエンテッドポリプロピレン Oriented Polypropylene(二軸延伸ポリプロピレン)の略だそうです)。幅広なので、はりつけやすくて、すばらしかったです。

ツツジは、がくは5枚、花弁は5枚、おしべは10本、めしべは1本だそうです。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから