人間にも電流は流れるのか?人間回路で試してみた!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

ぼくがよく使っている実験道具に「ためす君」というものがあります。これは大学時代の先輩で、現在は教材開発会社を経営している「川上さん」が開発したもので、2つのリチウムコイン電池(合計6V)と、LEDを組み合わせたものです(だから手作りもできますので、家庭でも作れます)。これを使うといろいろな実験ができます。

ためす君

さて突然ですが、人間には電気は流れるのでしょうか。また流れたことを感じることができるのでしょうか?こちらの動画を御覧ください。

いかがでしたでしょうか。ためす君をプラスチックの上にのせても…

光りません。ハサミの金属部分に乗せると、

光りました。片方をプラスチックに乗せると…

光りません。アルミ箔の上に乗せてみました。

光ります。これらのことから、金属には電流が流れるということがわかります。ここからが面白いところ、人間はどうでしょうか。指でもってみると…

光ります!このとき右手、体、左手、と回路ができて微弱な電流が流れるため光っています。しかもまったく痛みは感じません。こんなふうにしても光ります。

ためす君を指の間に載せると、光る

これは人差し指、中指のところで回路ができているからです。またアルミ箔で回路を作り、一部をぼくが保管すると、光ります。

これはアルミ箔、一部私の手で回路ができたためです。子供と手をつないでみましたが、これも光ります。

導通チェックをしている写真

面白いですね。このように大きな電流が流れないのであれば、電流が流れても痛くも痒くもないのですね。こちらの表を見ると、直流の場合ですが、3mAくらいで感じることができるようです。今回はテスターではかってみると、20μAくらいなので、まったく感じることはありません。

田中隆二・市川健二『産業安全研究所安全資料RIIS-SD-70-1』(労働省産業安全研究所)(※1)より

また鉛筆にも電気は流れます。

普段金属以外、電気って流れないのかな?と思いがちですが、感じることがなくても、体には電流が流れることがわかりますね。

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから