好き?嫌い?ストローと風船・布の静電気実験

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

 空気が乾燥した時期(1月〜3月ころ)は、静電気の実験にぴったりです今回紹介するのは、動くストローの実験です。曲がるストローを釘のついた台の上にのせて、軽く布でこすります。その後、同じように布でこすった風船を近づけます。するとストローが布から逃げ始めます。こちらの動画を御覧ください。

面白い実験ですよね。

用意するもの

木片、釘、曲がるストロー、ティッシュ

方法

1 木片に釘をうちつけて台を作ります。

2 曲がるストローをまげて上からかぶせます。

3 ストローをティッシュでこすります。また風船をティッシュでこすります。そして釘につけたストローに近づけます。また擦ったティッシュをストローに近づけます。ストローはどのような反応を示すでしょうか。

仕組み

ストローはティッシュでこすると、マイナスに帯電します。ティッシュはプラスに帯電します。またゴム風船はティッシュでこするとマイナスに帯電する性質があります。

帯電列 桑子研・竹田淳一郎『科学検定公式問題集5・6級』(講談社)参照

そのため、どちらもストローに風船を近づけると、マイナスに帯電をするので、静電気力によって退け合います。またマイナスに帯電しているストローに、プラスに帯電しているティッシュを近づけると、引き合います。

 小学生のころに戻ったような実験ですが、この実験により2種類の電気を観察することができます。またこの力は静電気力の公式に従うため、

2つの物体の距離の変化に大きく関係することもわかります。

【特集】やめられなくなる!静電気実験

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから