好き?嫌い?ストローと風船・布の静電気実験

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

空気が乾燥した時期は、静電気の実験にぴったりです。電気を流しにくい物体が、空気中に電気をほうでんせずに持ちづづける(静電気)ためです。今回紹介するのは、動くストローの実験です。曲がるストローを釘のついた台の上にのせて、軽く布でこすります。

その後同じように布でこすった風船を近づけます。するとストローが布から逃げ始めます。こちらの動画を御覧ください。

面白い実験ですよね。ストローは布でこすると、マイナスに帯電します。布はプラスに帯電します。またゴム風船はやはりマイナスに帯電しやすい性質があります。

帯電列 桑子研・竹田淳一郎『科学検定公式問題集5・6級』(講談社)参照

そのため、どちらもマイナスに帯電をするので退け合うという具合です。またストローにこすった布を近づけると、これがまた面白いのですが、このどはひきつけ合います。布がプラスに帯電しているためです。

簡単にできるこの実験、ぜひご自宅でもお試しください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。