定番実験道具の速度計ビースピでの注意点を伝えよう

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

物理教員なら誰でも知っているであろう実験道具、ビースピ。
ビースピは簡易速度計で、センサーが2組付いていて、センサーを通過した時間から速度を算出して、表示するという実験道具です。

[amazonjs asin=”B007PYYMW6″ locale=”JP” title=”ビースピV (簡易速度計測器) BeeSpi V(DJ-0001)”]

2台使えば加速度も算出できるので、私もよく使っています。

ただしこんなシンプルな道具でも、扱うときには注意点がいくつかあります。

まずは単位。生徒が触っていると、いつのまにかkm/時になっていることがあります。計測する前にメートル毎秒になっているのかを、生徒に確認させることが必要です。

また表示もよく間違えてしまうのですが、00.34と四桁で速さが表示されますが、小数点が見にくいためか、生徒が0.034などと記録をしてしまいます。小数点の位置をよく確認させましょう。

またストップウォッチモードになってしまうこともあります。あまりこのモードは実験では使用しないので、取り去って欲しい機能ですね。生徒からよくこわれたということでいくち、このモードになってしまっていることがあります。指などを通してうまく表示されるのかを確認してから、つかうといいですね。

そして最も大事なのがセンサーの位置を生徒につたておくこと。計測の仕組みも併せて教えておかないと、なぜ速度がうまく測定できないのかが、生徒は分からずに何度も同じミスを繰り返してしまいます。よくあるのは片方のセンサーしか通らないために、エラーの表示が出ていしまうというパターンです。

教師にとっては当たり前のビースピですが、意外にこれらの点で時間がとられてしまう道具でもあります。

http://www.rika.com/product/prod_detail1.php?catalog_no=S77-1321

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから