シミュレーション教材で遊ぶ!屈折の法則【実験】

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

先日実験で半円形のアクリルガラスをつかって、光の屈折に関する実験を行いました。アクリルガラスに対して、空気からガラスの方へと、ガラスから空気のほうへと、それぞれの入射角と反射角を測定する実験です。

入射角を変化させたときの、屈折光の様子を観察します。全反射の起こる条件やその様子がよくわかり、生徒からも好評な実験です。屈折率のデータはこちらにあるので、入射光と屈折光から、屈折率を計算して、アクリルガラスと比較することができます。

また屈折の公式から、自宅でも遊ぶことができるシミュレーションも作ってみました。勉強のお供にご利用ください

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。