ストロボ写真アプリを使っていろいろな運動を見てみよう!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

ストロボ写真アプリ、モーションショットを使って「力と運動」のはじめの「運動」のところで、いろいろな物体の運動を撮影するということを行いました。この写真は教師が見本でとったもので、斜面上の物体の運動の様子を表しているものです。

これは正の等加速度直線運動の様子(初速度ゼロ)

これは負の等加速度直線運動の様子(初速度あり)

このような感じで、モーションショットアプリを使うと、明るい場所で簡単に、何度でも撮影をすることができます。iPadを生徒に渡して、基礎課題(亀の甲羅のホバークラフトの動き)の写真と、他は物理室の何を使ってもよいので自由にいろいろとって提出するようにという指示(iPadを各班に渡して、ロイロノートで共有)を出したところ、いろいろなものが出てきました。

今日はそれらの作品を紹介します。

これが基礎課題のホバークラフト(ノコノコエアホッケー)

ここからが自由課題

中学2年生の授業でしたが、とにかく楽しそうに実験をしていた様子が印象的です。教員もどんなものが出てくるのだろう?と楽しみにしていましたが、アイディアの数々に驚きました。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。