よくわかる!縦波の横波表記の教材を公開しました(ピョンキー)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

縦波を横波表記するときにわかりやすい教材をピョンキーをつかって作りました。Youtubeにプログラムの動きをまとめたので御覧ください。授業で使えるように作っています。

こちらはPCなどで御覧ください。なおフラッシュなので、Puffin等のブラウザアプリを使うと、タブレットからも閲覧することができます。

今回工夫をしたのは、ハチの動き方についてです。

媒質となるハチが右の変位にあるときに、右を向き、左の変位にあるときに左を向くように設計をしました。そのためストップボタンで止めてみると、右を向いているハチがすべて上に、下をむいているハチが全て下になっているのがわかり、授業中で説明をするときにわかりやすいかなと思います。

また横波表記の表示・非常時ボタンもつけているので、適宜ご利用ください。行き帰りの電車の中で作ったのですが、タブレットで作るのは確かに大変であったのですが、隙間時間を活用できたのが良いところです。

ピョンキーの可能性の大きさを感じています。みなさんはどんなプログラムを作っていますか?もしよければ教えてください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから