チョークの粉を飛ばしてレーザーの軌跡をみてみよう!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

先日、中学1年生の授業で光の道筋(レーザー光線の軌跡)をみてみました。普通にレーザーポインターを使うと、その道筋をみることはできません。そこでレーザーの道筋のところに、黒板けしなどをつかって、チョークの粉を飛ばします。部屋を暗くして実際に実験をしてみると、このように光の道筋が見えます。

目に見えるだけで、感動しますよね(^^) なおチョークの粉を飛ばすため、できるだけ吸い込まないように、生徒を十分離して行うなどの注意が必要です。線香の煙などでも実演することができます。その場合は、水槽などに煙をためて、そこにレーザー光線をあててみてください。光のショーを観察してみましょう。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから