意外に難しいiPadの仕組み。教材をiPadに取り込む方法


スクリーンショット 2014-06-03 20.07.54

iPadに教材を入れよう!

iPadを買ったのにいまいち授業に使っていない!

ぼくもそうでした。いまいちiPadはパソコンとは違うもので、
ある程度のなれが必要になります。

今日はそんなiPadに教材を取り込む方法について
ご紹介します。

DropBoxというオンラインにファイルをおけるサービスを利用した方法で、
このDropBoxを利用すれば、簡単にiPadに教材を送ることができます。

こちらの動画をごらんください。

この動画ではExplain Everythingアプリに教材を流し込みましたが、
別に他のソフトに流し込んでもかまいません。

ぼくはよくPDFファイルをGoodReaderというソフトに流し込んで、
プリントの校正などを行っています。

ぼくもいろいろとわからないことがある中で、
手探りで利用している状態ですが、授業のちょっとした場面で役立つので
とっても便利!

せっかくかったiPad、毎日授業に持って行ってみてはいかがでしょうか。

こちらの本が読みやすかったです。DropBoxはじめての方はどうぞ。

iPhone/iPadではじめるファイル共有…
海老原昭

次の科学のタネ

科学のネタ帳の更新情報

動画授業の配信はこちら

ツイッターについては更新情報+科学全般、 フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。 科学のネタ帳オン Google+

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなども行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。東京書籍の教科書編集委員。詳しくはこちらを御覧ください。http://phys-edu.net/wp/?page_id=37