【安い!便利】テスターリードにワニ口をつけてみた

テスターリードをミノムシクリップにする道具を前回買ってみました。こちらは秋月電商で手に入れたものです。

【ワンタッチ】テスターのリードがみのむしクリップに!
電気回路の実験に大活躍するのがテスター(マルチメーター)ですよね。テスターは聴診器のようなもので、どこまで電気が流れているのか...

実験が行いやすく便利になったのですが、1つ500円して少し高いなと思っていました。そんな中、もう少し直接的にみのむしクリップになるものをAmazonで発見しました。

それがこちらの道具です。

さっそく届いたのでテスターにつけてみました。

こちらのほうが直接つくのがいいですね。テスターリードが鰐口になると、こんなことができます。

可変抵抗に直接つけられるというのがとても便利ですね。

使ってみると、秋月のものと比べて、どちらがいいということではないとは思いますが、大量購入するのなら、今回のものが向いているのかもしれません。さっそく10個注文してみました。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。