どこよりもわかりやすく丁寧に!センター物理基礎2017〜その1

試験当日に物理(発展)を解いて解説をかきました。それがこちらの記事です。

現場教師がその日に解説!センター物理(発展)2017(H29年度)
物理解説まとめに戻る アツアツの今日のセンターを今日解説! はじめに 毎年恒例で行っているどこよりも早く解説をしよう!とい...

次に物理基礎についても解いていこうと思います。物理基礎の解説は文系の生徒が見ることが多いと思うので、より丁寧に問いていこうと思います。

問題は東進のサイトにのっているものを使いました。

第1問 ・ 第2問 ・ 第3問

第1問 小問集合

問1

(a) については、二酸化炭素が大量に発生するということから、ものを燃やすことで発電することができるものだということがわかり、火力発電が想像されます。火力発電は、燃やす量を変化させるだけで発電量が調節できるので、前半とも合致しますね。

(b) については、熱エネルギーを経ないということから、残りの選択肢である水力発電が想像されます。

(c) については、長期間にわたる管理が必要な廃棄物が生じるという文章から、原子力発電であるということが想像されます。答えは③番ですね。

問2

弾性エネルギーUの公式は、

 です。x=0.20のときのエネルギーを調べるためには、バネ定数kが必要になります。フックの法則F=kxに、グラフから適当な値をいれて、kを求めます。例えばF=10のときにx=0.1となっていることから、

10=k×0.1

k=100

となりますね。では弾性エネルギーの公式に代入してみましょう。

となります。答えは②番。

問3

右ネジの法則をつかいましょう。右手をだして親指を電流の流れている方向に向けます。すると、その他の指が時計回りに巻くのがわかりますね。これが磁場の向きです。よって答えは①となります。

問4

周期が0.4sとかいてあるので、0.3秒後というのは、0.3÷0.4=3/4周期後ということがわかります。よって次の図のように、原点(0.0)にいることがわかりますね。答えは④番。

問5

AやBのときに温度変化がとまるのは、加えられた熱が状態変化に使われるためです。また比熱とは「あたたまりにくさ」を示す物理量あたたまりにくいほど、大きな値となります。液体のほうがグラフの傾きが小さくなるため、加えた熱に対して温度があがりにくくなっていることから、比熱は大きいということがわかります。

いかがでしたでしょうか。この調子で、第2問以降も解いていこうと思います。

第2問へ進む

科学教育
科学教育系コンテンツ 理科や物理を中心として、高校生の勉強の手助けになる教材を公開しています。また教員向けにイージーセンスなど...

物理基礎の参考書を書きました。もしよければ御覧ください(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。