授業に質問は何個ありますか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-18-11-29-16

みなさんの授業に質問は何個ありますか?

クイズ番組は好きですか?

普段、同僚と話しをしているとき、ふとひらめくことが、今後の自分の課題になったり、
ひらめきになり本を書くきっかけになったりすることがありました。

そのときのカギになっていたことは、「なぜ◯◯ということが起こると思いますか?」
などの同僚からの質問でした。

今日はあらためて「質問」ということが大切なんだということを再認識しました。
(もうみなさんすでにその大切さは認識をしていると思いますが、
体験をもって感じたので書かせていただきたいと思います)

授業では、いろいろな先生が生徒に「質問」を繰り返すのですが、
リアルな場でとくに大切なのが、この「質問」です。

アクティブ・ラーニングでは、脳をアクティブにすることが求められますが、
誰かと話し合いをするでもなく、ICTを使うことでもなく、
その一番のカギは、「質問」をすることだと思います。

人は質問をされることによって、やっと自分で考え始めるからです。

同僚と話をしているときに、いろいろな疑問や質問が投げかけられてきますが、
それにより、その質問をされたことについてやっと考え始めて、
その答えが「ひらめき」だったりするわけです。

動画授業を見ていてたいくつなのは、この「質問」がリアルタイムではないからでしょう。
質問をされるような動画があるのですが、自分の答えは相手には影響を与えないから、
結局受動的になってしまいます。

ですが、リアルな質問の場合は、今後の展開も変化をするので、
答える方も必死で考えるというわけですね。

僕自身、アクティブラーニングという言葉が好きではないのですが、
アクティブにするためのカギは、この質問にありそうです。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。