HRでも使えたICT!運動会の係り決めがスムーズに!

LINEで送る
Pocket

夏明けから黒板に直接投影できるプロジェクタとAppleTVを全教室に導入をしました。

授業ではいろいろな先生が活用をはじめているのですが、委員会などでも活用できることがわかりましたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

今回使ったのは運動会のかかりぎめです。係生徒を集めて、黒板に直接、運動会の演技図を投影して、全員で黒板をみながら、希望する生徒の名前を書き加えてかかりぎめを行いました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-16-42-30

コクリのiPadの画面です。下が資料を単純にカメラで撮影したカメラロール、上の部分が黒板に映るようにしたものです。白黒反転をさせています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-13_16_40_16

黒板にうつした図です。モザイクをかけたところは、
生徒の名前をチョークで書き加えたところです。

 今まではパワーポイントでしろいスクリーンに演技図を写し、紙の上で生徒といっしょに考えていったのですが、それがこの方法を使うことによって労力がかなり低くなります。

黒板に直接書くので、生徒にかかせてもだいじょうぶですよね。

そんなわけで一気に作業が進み、今までの会議時間よりもかなり短縮することができました。

やはりアナログとデジタルの間に、教育現場のもとめているICT活用があるなと感じました。他にもどのような活用ができるのか、いろいろな事例を集めていきたいと思います。

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。