家庭で、学校で!iPadアプリと気柱共鳴実験(NSA)

LINEで送る
Pocket

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-8-21-24

 先日の物理実験で、学校に導入されたiPadを活用した実験を行いました。この実験自体は、この実験は成りかサイエンスアカデミー(NSA)の講座でも紹介させていただいているもので、iPadを音源に使うことで気柱共鳴実験を安全に、またより費用がかからずにできるというものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-8-16-08

気柱共鳴実験では、よく音叉を使うのですが、音叉を使うとふちのガラス部に
音叉をぶつけて壊してしまったり、怪我をすることがあります。

iPadをつかってデジタル音源で実験をすると、縁も割らずに、
またいろいろな振動数で実験をすることができるのが大きな特徴です。

使っているアプリは、こちらのAfGというアプリです。
AƒG – Audio Function Generator

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-8-19-08

このアプリの良い所は、無料でありながら、振動数を細かくぴたっと設定できるところです。

今まで使っていたトーンジェネレーターではここまでの設定はできませんでした。オススメのアプリです。

工夫次第で理科実験のいろいろなところで活用できますので、ぜひご利用ください(^^)

ご家庭でも簡単にできる実験ですね。

またNSA後期でも教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
新しい・楽しい実験教室×ICT 地域でなかなか実験を体験する機会がない、小・中学校で電気分野などあまりやってくれない、幼稚園で科...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。