細かく音程を選べて出せる!夢のような無料アプリAfG

LINEで送る
Pocket

愛用しているトーンジェネレーターは、様々な電子音を出すことができるアプリです。

スクリーンショット 2016-08-05 20.09.14

0-2

画面をみると、10Hz〜25000Hzまでの様々な音をだすことができます。用途としては、自分がどの音までを聞き取ることができるのかを試すために作られたアプリなのですが、

これが理科実験の様々なシーンで使えるのでとても気に入っていました。

ただし、このアプリは無料版だと、つまみを移動させて周波数を選ぶことになるので、なかなか目的の周波数を細かくぴったりと出すのが困難であるという難点があります。

この振動数がどうしてもほしい!というときもありますが、そういうときには有料版にアップグレードをする必要がありました。

そんなときに、同僚S先生と実験開発のために無料で電子音が出せるアプリがないかを探していたところ、S先生がAfGというアプリを探しました。

スクリーンショット 2016-08-05 20.08.35

さっそくインストールをしてみたところ、これが非常に細かく設定ができて超便利でした。例えばこちらで1000Hzを出してみます。

0

下にある「+10」のボタンを2回おすと、、、

0-1

1020になりました!これは便利です。

音を細かく選びたいというときに、こちらを使いたいですね(^^)
また実験の幅が一つ広がりました。

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室×ICT 実験研修等の講師、出前授業などを依頼をうけて行っています。iPadやセンサーソフト(イージーセンス)を使った各種実...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)