怒ったり叱らないでいたらクラス崩壊!に答えるアドラー心理学


スクリーンショット 2016-06-22 5.49.16

みなさんは『嫌われる勇気』という本を読んだことがありますか?
私はというと、ベストセラーになっているので、よく書店でみかけていましたが、
なんとなく読む気にはなりませんでした。

ただ、友人で「人生ドラクエ化マニュアル」などが代表作の作家のJUNZOさんから、すすめられていたこともあり電子書籍で買ってみました。

第一印象としては、「嫌われてもかまわないぜ!」みたいな自分勝手な本かとかってに思っていたのですが、
読んでみたら、世界が一変したのでベストセラーになった理由がよくわかりました

これはアドラー心理学を、わかりやすく解説した本で、
今をどう生きるのか?どう選択をするのか?という、今の大切さが書かれている本でした。

もちろん教師にもおすすめできるのですが、すごいおすすめ!といわけでは個人的にはありませんでした。

しかし!

実はこの続編である、「幸せになる勇気」という本がすごかったのです

スクリーンショット 2016-06-22 5.48.01

何がすごいのか、

実は、こちらの本は教育問題が主となってストーリーが語られるからです。
アドラーの教えでいえば、「叱っても、怒ってもならない」となるのですが、

実際にアドラー心理学に傾倒をした青年が、「叱らず、怒らずにいたら、クラスが荒れてしまった!」「どうしてくれるんだ!」という相談を哲学者にするところから、物語がはじまっていきます。

アドラー流の教育方法が語られていくわけですが、決して抽象論ではなく、具体的にどうすべきか?ということについても、語られていきます。

次々に、語られる人間の心理を考えた教育法は、生徒への対応を変えるというよりも、教師自身の接し方や、敎育感の変更を迫ってくるという、身につまされる内容です。

おすすめしたい本ですね(^^)

追記

教員目線でのICT活用方などをセミナーなどでお伝えしています。
申し込みはこちらからどうぞ(^^)

講演実験教室・セミナーの開催
今まで行ってきた各種セミナーの一部についてのご紹介です。科学実験講座、ICT活用講座、時短セミナーなど実施してきました。講演の...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました