プリントを作ろう!マウスに触れずに起動でラク!

LINEで送る
Pocket

キャプチャ2

マウスを動かしたとき、カーソルがプルプルとふるえてうまくあわなかったりして、
イライラしたことはありませんか?

ストレスを因数分解していくと、PCの操作が大きな原因となっていることがあります。
では、「操作になれる」とは、具体的にどんなことでしょうか。

それは「ショートカットキー」をおぼえることにあります。

ただ使わないものも含めると、無数にショートカットキーもありますので、
ここではおすすめするショートカットキーを厳選して皆さんにご紹介したいとおもいます。

みなさんはタスクバーをおつかいですか?
タスクバーというのは、windowsの画面下についているスタートなどがあるバーです。

ここによく使うソフトのショートカットなどを貼り付けておいている人も多いと思います。
ここをわざわざクリックしてからソフトを起動させている人も多いかと思いますが、

作業を効率化させるためにも、絶対にショーットカットをおぼえておきましょう。

windowsキー+「数字」をおしてみてください。

例えば、スクリーンショット 2016-05-20 16.10.02+「1」を同時に押してみてください。

すると、タスクバーの一番左側においてあるアプリが起動します。

同様にwindows+2を押すと、左から2番めのアプリが起動します。

おすすめは一番左にメモ帳アプリをいれておくことです。

すると立ち上がった瞬間に、メモをショートカットキーで起動し、
立ち上げている間にメールの下書きなどができます。

またwindowsキー+「T」を押すと、タスクバーが選択されるので、
そこから「→」キーをおして、立ち上げたいものを「エンターキー」を押せば
アプリが立ち上がります。

これも便利なので、おすすめです。

ちなみに私は左から、「メモ帳」「ブラウザ」「snippingツール」「word」「Excel」を入れています。
ソフトを立ち上げたときにも、やはりショートカットでそれぞれのソフトを動かしていきたいものです。

それらについては、また後日紹介しますね(^^)

PS ICT活用講座では、PCショートカットなどの効率化についても
お伝えしています。もしよかったらご参加ください。

科学のネタ帳
科学のネタ帳とは? このブログの目指すものについてまとめたページです。 プロフィール 科学のネタ帳の運営者についての紹介で...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です