自宅でできる!CDの干渉縞を見てみよう(^^)

回折格子、ヤングの実験、ニュートンリング・・・。

光の干渉というと、なかなか身近な現象と結びつけにくいところがあります。
そんな身近な干渉の現象の代表として、よくセンター試験で出題されるのが、CDの干渉についてです。

CDの表面には非常に細かな凹凸があるため、光が反射をするさいに干渉をおこしてきらきらと光ります。

そんな干渉縞の様子を簡単に見る方法をご紹介します。

科学のレシピ

用意するもの:CD(空のCD−Rがおすすめ)、紙

手順:

1 光源の下にCDをおき、紙を折って、近くに立てる。

2 ある一点をみながら、目線を真上から徐々に下げていく。

スクリーンショット 2016-01-04 7.33.19

こちらの動画を御覧ください。

目線を真上から少しずつ下げていくと、はじめに青が、続いて赤が、そして無色があらわれます。

スクリーンショット 2016-01-04 7.34.09スクリーンショット 2016-01-04 7.34.22

スクリーンショット 2016-01-04 7.34.38

いかがでしょうか。目線をさげていくと、様々な色が現れていくことが確認できますよね。
CD自体に特定の色が付いているわけではないことは、表面を手に持ってみればわかります。

紙を立てておくと、他の場所からきた光が入りにくくなるために、干渉縞がよく見えるという工夫です。
ざっくり観察することができるのでぜひやってみてくださいね(^^)

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・ニュースレターではブログには載らない情報を配信しています。


 


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。