オカダンゴムシと迷路の研究とScratch

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

オカダンゴムシがいたので撮影をしました。

ダンゴムシが迷路をとくことができるという研究を高校の時のプロジェクト学習で実践しているグループがありました。

wikiによると次のようなことが書かれています。

オカダンゴムシと迷路

動物に迷路を通り抜けさせる実験を迷路実験という。普通は多くの回数をこなして学習をさせなければ成立せず、脊椎動物以外では複雑な迷路を覚えられるものはほとんどないが、迷路に入れられたオカダンゴムシが一発で通り抜けられることがある。

実は、オカダンゴムシには進行中に壁にぶつかると左へ、次は右へ(あるいは右へ、次は左へ)と交互に曲がっていく習性がある。この行動は「交替性転向反応」といい、左右に交互に曲がる事で天敵から逃げられる確率を高めているといわれている。実験によると、前に曲がった方向とは逆の方向へ曲がる確率は前転向点からの距離4cmで約85%、距離16cmで、初めて方向を選択する対照群との差がなくなる[4]。したがって、短い距離で交互に左右に曲がれば抜けられる迷路ならば、オカダンゴムシは学習なしで通り抜けられるのである

面白いですね。実際に迷路をくんで、Scratch等で、オカダンゴムシに見立てたキャラクターで実験してみるのもよいのかなとおもいました。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから