コデマリを校庭で見つけました(植物図鑑)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

理科室周辺の生物観察をしたときに、 #コデマリ に注目をした生徒がいました。こちらがコデマリです。

名前もかわいかったのですが、やはり由来としては、手毬ににているからとのことです。wikiでは情報が少なかったのですが、こちらにまとめられていました。

コデマリは古く中国から渡来し、江戸時代初期から観賞用に栽培されてきました。和名は花の集まり(花序)を、小型の手まりに見立てたものです。

なるほど、中国からもってきたものだったのですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから