もし水素原子核がピンポン球だったら?水素原子の大きさは?

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

水素原子核をピンポン球(直径5cm)とすると、電子はどこを飛んでいるのか?計算をしてみました。水素原子の直径はおよそ1×10のマイナス10乗、また陽子の直径はおよそ1×10のマイナス15乗なので、比計算をすると、水素原子の直径はおよろ5kmとなります。半径は2.5kmなので、東京駅を中心とした2.5kmの円を描いてみました。

ほとんどスカスカの構造であるということがイメージできますね。

こちらにスプレットシートで計算をまとめたのでもしよかったら参考にしてみてください。また掲示物も作ってみました。それがこちらです。

ちょっと意地悪でしょうか笑。今回は自分で計算をしてみたらどうかな?と思って、作ってみました。もしよろしければご利用ください。 Googleスライド

 

後日掲示物をアップグレードしてみました。こちらもどうぞ。

スチロール球とビーズをつけてみました(掲示物アップグレード)

#天体 #惑星 #実験 #掲示物

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから