まるで小さな水族館!生きた展示にビックリ。(茨城県自然博物館その3)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

「茨城県自然博物館」に行きたかったのは、恐竜の展示が見たかったのと、子供に見せたかったからなのですが、実際に訪れてみると、恐竜の展示はそれほど多くありませんでした。

羽毛が生えているティラノサウルス。ぼくが小さかった頃は毛が生えていなかったと思います。より鳥に近い感じですね。ディズニーランドのように動いていました。

恐竜の展示はわずかで、地学・生物を中心に、多くの展示物がありました。意外と思ったのですが、それがまた興味深くて、面白い内容でした。そして、驚いたのが、魚類を紹介する展示の一部に、実際の水槽におよぐ魚が展示されていたことです。これには感激しました。小さな水族館のようでした。

ダイオウグソクムシなんかもいました。まったく動かないので、生きているのか、どうなのかもわからずですが、見た目がかっこいいです。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから