12/25新課程で必須!物理基礎実験講座を2つ開催

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

みなさん年末をいかがおすごしでしょうか。私もやっといろいろと仕事が片付いてきたところです。秋の時期は教材研究もあまり多くとることができず、毎日なにか様々な校務に追われているような日々をすごしておりました。夏休みにためたストックを使い切ったという感じです。

今年最後の締めくくりとして、12月25日のクリスマスの日に、ナリカで実験講座を行います。次のように2つの講座を1日の中で行う内容となっています。

12月25日(水)

学校にあるもので!新課程で必要な力学実験(物理基礎) 物理基礎で今後必要になってくる力学実験(仕事とエネルギー)を紹介します。実験で使える手引書を渡しますので、学校に帰ってからすぐに導入できます。 ※2019年度前期 8/23Aと同じ内容が含まれます。
(定員12名)
タブレットを有効活用!新課程でも必要な波動実験(物理基礎) 弦や気柱共鳴の実験を、タブレットを使うことで簡単・安く行うコツを伝授します。明日から授業に役立つ、実践的な内容です。※2019年度前期 8/22Bと同じ内容が含まれます。
(定員12名)

 

この実験講座は今年からナリカさんから依頼があり、新しく企画をしたものです。新課程の物理基礎の指導要領解説に掲載されているものを、各学校現場で行うためには、どのような準備が必要でどのように行うといいのかという、一つの例を紹介および体験できます。

今の所どちらも6名ほどの参加者がいるそうで、開催することが決まっております。まだ空きがございますので、もしよろしければ新課程の実験を体験するという意味でもご参加いただければとおもいます。今回体験する実験はそれぞれの学校にあるものに即対応をしているわけではありません(全ての実験講座同様ですね)。各校の少しの準備や工夫が必要になります。ただ、その素地を知ることができるので、経費節約やよりよいスタートが切れるとおもいます。お申し込みはナリカさんからお申し込みください。秋葉原のナリカ本社を見学するという意味でも良い機会かなとおもいます。お待ちしております。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから