波の干渉の様子を生徒のiPadで観る方法(Geogebra)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

波の干渉については伝えるときに、言葉だけで伝えるのにはどうしても限界があります。そんなときには、湯浅先生が作っている「高校物理のイメージ教材」などを今までは利用してきたのですが、Flashで作られているためにiPad等では見られないということが発生してきました。本校では生徒がiPadを所持しているために、生徒のiPad上でも動くものでなにかないかなと探していました。

そんなときに出会ったのがGeogebraの検索:「Double Slit Interference」です。

https://www.geogebra.org/m/nxkcffkd

強め合いの部分をけしたり、パラメーターを細かく操作しながら使うことができるので、とても便利です。ぼくも自作したものがあるのですが、黒板投影用なので、こちらのほうが生徒に配布するのには良い感じがしています。もしよかったらお試しください。

この他にも3Dのものもあります。

検索「Wave Interference in 3D」

https://www.geogebra.org/m/XdW2SjQ8

なおGeogeblaアプリ上から検索して、試すことをおすすめします。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。