仕事とエネルギーを水に例えた図の紹介

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

先日次の論文を読んでいました。

初等力学教育における「仕事」の扱いについて : 生徒の理解プロセスとその指導の例 岡崎 正, 中村 靖, 唐木 宏

ここに仕事とエネルギーについて、水を使ったモデルが描かれていて面白かったので紹介します。私が書いた図なので、論文を参考にして少し文などを書き換えました。

この図だと、仕事が物体のエネルギーを変えるものであること、また正の仕事とは物体のエネルギーを増やすものであり、負の仕事とは物体のエネルギーを減らすものであるということがわかります。仕事が流量であるということに重点をおいた図で、わかりやすいなと思いました。私は「ぶつりの123」や「やさしくわかりやすい物理基礎」で、仕事を「パン」に見立てて、パンを食べるとエネルギーが増えるなどと例えていましたが、このような水の例もいいなぁと思っています。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。