波動学習にどうぞ!動くからわかる教材を作りました(科学のネタ帳)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

力学から波動へ入っていくと、重要な点がガラッとかわるので、なかなか生徒もついていくのに苦労をするようです。
波動はとくに動きやイメージが大切です。そんな生徒のためにScratchを使って教材を開発しています。

現在の教材の数はおおよそ40個ほどで、こちらのサイトからご確認いただけます。
https://scratch.mit.edu/users/KuwakoKen/projects/

中でも波動の教材で、波動学習の初期につかえそうな教材を今日は紹介します。フラッシュをつかって動いているのでPCまたはPuffinというアプリのブラウザで御覧ください。

こちらは横波をハチの動きで再現した教材です。ボタンをおすと、動きをスローにしてくれるのが工夫したポイントです。

https://scratch.mit.edu/projects/205914073/

こちらは縦波の教材。ハチの右・左の顔の動きで、縦波の横波表記をわかりやすくする工夫をしました。

https://scratch.mit.edu/projects/206388715/

y-xとy-tグラフの様子がよくわかります。

https://scratch.mit.edu/projects/213576116/

ボタンをおすと、波が出てくるという教材。こちらはもう一つ同じようなもので、ボタンをおすと一つの波が出てくるもの(スローなもの)を作ろうかなと考え中(波の動き、媒質の動き、波長をよくわからせたいと思ったため)。もう少しお待ち下さい。

https://scratch.mit.edu/projects/224259809/

もしよろしければ、ご利用ください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。