センサーのデータを使って正方形を描く方法〜なるほどスフィロ〜

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

なるほどスフィロの目次に戻る

 センサーを使って正方形を描く方法で、AIMで正面設定をしても上にはいかずに、はじめに右に行ってしまいます。ちょっと思った正方形とは違うかもしれません。これはなぜかというと、「進行方向」ブロックに+90を足した方向から進みはじめるからです。

それではどのようにすれば上にはじめに進むのでしょうか?少し考えてみてください。

こども
う〜ん、わからない…

答えは、あらかじめスフィロがループに入る前に、270°の方向(左)に設定をしておくと、そこに90°がたされて360°=0°からの設定になるため、次のように動きます。

スタートを押していましょう!

上に動いて始まる正方形が描けましたね!思うようにプログラミングをするためには、とにかく動かす、PDCAをすばやく回すということが大切ですね。その他の正方形を描く方法も探してみてくださいね。

 

[amazonjs asin=”B01JCD4JAW” locale=”JP” title=”SPRK+ 【日本正規代理店品】 K001JPN”]

[amazonjs asin=”4093886113″ locale=”JP” title=”Sphero完全ガイド: 人気No.1プログラミング・ロボット”]

目次に戻る

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから