Pyonkeeで物理プログラミング!2物体の運動と運保について

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

今回はよくある物理の問題についてプログラミングをしてみました。授業でも使える教材だと思いますので、ぜひお試しください。

摩擦の無い床の上に、2つの物体をおきます。2つの物体の間には摩擦力がはたらきます。この状態で上の物体に初速度を与えると、2つの物体が動き出します。この場合、運動量の保存をたてることができますが、力学的エネルギーの保存はたてることができません。

ボタン一つで摩擦力も可視化!

このあたりの口頭での説明が難しい!そのようなわけで、インタラクティブ教材を作りました。金槌をクリックすると、動き始めます。また緑のボタンをおすと、摩擦力や速度を表示することができます。

いろいろさわってみてください。こちらから試すことができます!

プログラムはPyonkeeをつかって作りました!こちらの本が参考になります。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。