反射波の様子をホイヘンスの原理で考えてみよう!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

ホイヘンスの原理についての動く教材もとうとう最後となります。今回は「波の反射」について、ホイヘンスの原理を使って説明をする教材を作りました。こちらです。

Scratch上からまずは試してほしいのですが、Youtubeでも解説動画をアップロードしたので、Scratchで見るために必要なフラッシュ等のプログラムが動かないブラウザの場合は、こちらから御覧ください。スマホの場合はPuffinというブラウザを使うと、遊ぶことができます。

スタートボタンを押すと、波面が動き始めます。壁に到達すると、そこから素元波が出て、波の重なったところが次の波面となり、反射波が形成されます。この教材をみると、反射の法則は「同じ媒質で波が伝わる」ことにより、入射角と反射角が等しいということがよくわかると思います。

入射波は斜めからの反射か、正面からの反射かを選べるようにしてみました。また教師が説明するときに使えるような無音の動画も作ってYoutubeに載せてみました。いろいろなシーンがあると思うので、お好きな方法で授業等でご利用いただければと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。