緑に光る!ウランに紫外線をあてると…面白い。

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。科学を一緒に楽しみましょう。 

ウランガラスというのをご存知ですか?ウランに紫外線をあてると緑色に発光するという現象をつかって、作られていた食器だそうです。ウサギノネドコという鉱物を扱うお店に伺ったところ、ウランガラスに実際に触れることができました。紫外線をあててみると、ウランガラスでできたガラス玉のようなものが光ったのに驚きました。

近くに、ウランが微量に含まれているという鉱石も売られていたので、そちらもまた感動しました。ウランに紫外線を照射すると、

ウランが含まれているところは、紫外線をあてると…

美しい緑色に光ります!

ウランのまわりをまわっている電子が励起されて、それがまた元に戻るときに、エネルギーが放出されて発光するという現象のようです

説明文によると、このウランが微量にふくまれた鉱石は、玉滴石というものだそうです。1400円で売られていたので、ついつい買ってしまいました。教材につかえそうで、原子分野を教える際に生徒に見せてみたいと思います。

なおウランガラスはamazonでも売られていました。面白いのでお試しください。

ウサギノネドコというお店には、その他にも様々な鉱石が売られています。ディスプレイがとくにきれいで、なんとなく見入ってしまう感じもうけました。東京ミネラルショーのようなものではなく、常時営業しています。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。