ビックリ!無線キーボードで机が広々使えるようになった!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

あまりにも、先日買った無線のトラックボール型マウスを気に入ってしまったので、

今度は無線のキーボードを買ってみました。通信方式が気に入ったので、同じくロジクール製です。

やはりロジクール独自の規格で、小さなUSB型の無線受信機器をPCにとりつけるだけで、キーボードの命令が無線でPCに飛びます。遅延もほとんどなく快適快適。まるで有線でつないでいるかのようです。少し作業をはずれて、また戻ってきてはじめよう!と思っても、全く問題なくスムーズに打ち込むことができます。

職場のPCはUSBメモリなどを刺しても認識しないというセキュリティー設定でしたが、こちらも問題なく使うことができました。大助かりです。

キーボードが無線になることが何がいいのか?と思っていたのですが、机の上からキーボードを片付けることができる!というのが、以外にも作業を効率化させてくれました。机が一気に広くなった感じです。

教員は鉛筆をもってする仕事も多いので、ちょっとしたことですがおすすめできます。トラックボールマウスについては、こちらに記事にしました。御覧ください。

学校でも使用可!夢の無線トラックボールマウスを買いました

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。