モンハン3を作りました!今回は角度とボールの飛距離について

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

最近、スクラッチをつかって物理教材を作っています。今回作ったのは、あの人気のモンハンのスリーです。もちろんモンはモンスターではなく、モンキーで「モンキーハンティング3」という意味があります。

今回は初速度は変えることができないが、角度だけを変えることができる大砲をつかって、遠くにいるサルに球をぶつけるというゲームです。

こちらからプレーできます。

今回工夫をしたのは、GOをおして発射したあとに軌跡が残るようにしていて、角度をかえてさらに遊べるようにしているところです。また軌跡に一回一回色を付けて、後の軌跡ほど線を太くしたので、見やすくいろいろな角度で試すことができます。

ちょっとしたゲームですが、楽しめるように作りました。もしよろしければお試しください(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。