プログラムで正◯角形を描こう!スフィロのためのピョンキー

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

今日はピョンキーをつかって、正◯角形をつくる方法についてご紹介します。これを応用すれば、ボール型ロボットスフィロでも同じことができます。今回工夫をしたのは、プログラムを動かした後に、好きな数字を入力できるということです。例えばプログラムを動かすと、はじめに「何角形?」ときかれるので、ここに例えば「5」などを入力すると…

5と入力する

このように正五角形を描くことができます。またここに例えば100などと入力すると、円(に近い形)も描くことができます。

おもしろいですよね。プログラムの中身はこちらをごらんください。動画で解説しています。

ポイントは、360/nというところですね。

正三角形の場合で考えてみましょう。正三角形ならまっすぐ進んでから、角が60°なので、360÷3=120°向きを変えると、60°の角度が描けます。これを繰り返すというわけです。

このようにして様々な正◯角形を描くことができます。プログラミング教育はこのように数学の知識も必要になってきて、かつ活用することができるのが良いところですね。

みなさんもぜひお試しください。

[amazonjs asin=”482225450X” locale=”JP” title=”小学生からはじめるわいわいタブレットプログラミング”]

[amazonjs asin=”B076H5KTRG” locale=”JP” title=”Sphero Mini スマートトイ / プログラミングできるロボティックボール オレンジ 【日本正規代理店品】 M001OAS”]

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから