【工作】偏光板万華鏡の科学のレシピ!

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。今日は偏光板で作る万華鏡について紹介します! 

今回作る偏光板万華鏡は、偏光板2枚にセロテープをはると、光が複屈折をおこして色々な色が見られるという現象と、3鏡を組み合わせたものです。まずはこちらの動画を御覧ください。

それでは作り方について説明いたします。

科学のレシピ

用意するもの

偏光板、筒、鏡、糸鋸、梱包材、ハサミ、セロテープ、マジック、紙コップ、カッター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

偏光板125 厚さ約0.2mm【ネコポス対応・夏休み・工作】
価格:484円(税込、送料別) (2022/8/14時点)

楽天で購入

 

 

 

作り方

① 筒を適当な長さに切ります(15cm程度)。またミラーシートを3.87cmの幅で3枚切りとります。ハサミで十分切り取ることができます。

② ミラーシートの表面についている、薄いビニールシートをはぎ、3枚をセロテープで接着します。

③ 筒に鏡を差し込んで、

 あいた隙間に梱包材をいれて固定します。

④ 筒の大きさを偏光板でマジックをつかって縁取りをして、そのまま切り取ります。偏光板の表面に貼られている薄いシートをはぎ、セロテープで筒に貼り付けます。

⑤ 紙コップのそこをカッターで切り取ります。その後偏光板を③同じように取り付けます。そしてその上から、セロテープを貼り付けます(とりあえず少なめにしておき、のぞいてみてからあとで調整します)。

⑤ 筒と紙コップを組み合わせれば出来上がり!のぞいてみましょう。

結果

どのような景色が見えるのか、のぞいてみましょう。

セロテープの貼り方によって、いろいろな色のパターンが見られます。覗きながらどんな色が出てくるのかを確認して、セロテープの貼る枚数を調整してみて下さいね。なおこちらは科学技術館の偏光板の展示物です。工夫が面白いですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから