なぜ?心が通じる科学実験のふしぎ

今年度、はじめて中学1年生の理科を担当しました。
それまでは高校生を中心に、中学3年生までしかもったことがありませんでした。

年度当初は、中1について定年でやめられたベテランのS先生に忠告を受けました。

「話が通じないから、何度も同じことを言う必要があるよ!」

「宇宙人だよ」

というように。

たぶん冗談も入っていて、ぼくをからかう目的もあったと思うのです。

今まで小学生向けの実験講座もやってきているので、
そんなに難しくはないだろう、という気持ちもありましたが、

ぼくはまんまとその言葉を信じてしまい、恐る恐る授業にいきました。

実際に対面をしてみたら、小学生にも見えるような生徒たち。

宇宙人には見えませんでした。

しかし、見た目ではもちろんなく、確かになかなかぼくが話していることが通じない。

生徒の立場であれば、白衣をきたおじさんがちょっと難しそうなことを
話しているのだから、向こうとしても火星人かタコに見えていたかもしれません。

でも授業をしてみて、呼吸を合わせようと思って、わかったことは、

「お!伝わったぞ!」

ということが、たくさんあったことです。

「これは通じるんだ」、「あれ?これは通じないんだ。」

通じるポイントが見つかると、うれしいものです。

そして心がつながったとき、妙な一体感がでて、盛り上がります。
それもおどろきの1つでした。

つながる一番のポイントは、やっぱり演示でも、生徒実験でもそうで、
実際に観察することにありました。

例えば液晶を顕微鏡で見たときの様子を、昨日の記事で紹介しましたが、

[blogcard url=”https://phys-edu.net/wp/?p=27113″]

こういったものは、大人がみても、子供がみても、心を揺さぶり、感動するものです。

液晶を拡大すると、赤と青と緑の光で構成されていることがわかります。

中1には見せていないのですが、絶対に通じます。

そこに言葉はいらなくて、「おお〜」となる。

資料集やビデオなどで見るのではだめで、
やっぱり目の前でやることが大切なのですね。

ぼくの説明は不必要。

たぶん人間ならだれしも、例えば文化を共有しない集団にも、
「科学の面白さ」というのは、届くとおもうのです。

中学生と心がつうじたとき、その後の授業はずっと楽になりました。

同じ体験を共有したからかもしれません。
それにしても、なぜ観察したときの驚きや喜びは、人間に共通するのかなぁ。

ふしぎ。

実験というコンテンツのすごさと、誰にでも授業ができるのだなという自信を
持てた1年でした。

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。