フワフワと漂う人工チョウチョ!冬の今がチャンス!


浮いているチョウチョの図

チョウチョを飛ばそう!
体感できる静電気力の実験の紹介です!

ケン博士

きみは人工チョウチョを飛ばすことができるかの!?

助手ケン博士の挑戦状がでました!助手です。

静電気力と磁力はとっても似ている力です。

でも磁石は気楽に実験をしてその力の様子を体感することができますが、
静電気力の引力や斥力については、時期を選んだり、軽いものを揃えたりしないと、
なかなか体感するのが難しい力でもあります。

今回紹介するのは、時期は冬がおすすめですが、
いろいろな時期で実験可能な空飛ぶ人工チョウチョの実験です。

こちらが今から作ろうとしている人工チョウチョの空飛ぶ様子です。
まずはこちらの動画を御覧ください。

いかがでしょうか!!

ちょうど生徒といっしょにやったところ、
高校生でもとっても盛り上がりました。

できれば体育館などの広い場所につれていって、
いつまでチョウチョを落とさないで飛ばし続けることができるか、
みんなで競っても面白いですよね。

それでは作り方の紹介です。

科学のレシピ

用意するもの:

 風船、薄手のビニール袋(スーパーなどで肉などを入れる袋を拝借してきましょう)、はさみ、雑巾 合計 200円くらい

20121203230322

ポイントはなんといっても風船を使うということです。
風船って静電気をよくとどめておくことができるので、とてもおすすめです。

実験準備

1 ビニール袋にチョウチョの絵を書きます (6cm×4cmくらいがよい)。

2 チョウチョの絵をハサミで切り抜きます。

ビニールでチョウチョを作る

3 風船を膨らませます。

これで準備は完成です!なんて楽なのでしょうか!

実験手順

1 まずチョウチョを雑巾でこすります。

このときチョウチョ(ビニール)は雑巾から電子をもらい、マイナスに帯電します。反対に雑巾は電子を手放しプラスに帯電します。

2 風船を雑巾でこすります。

チョウチョと同様に風船も電子を受け取りマイナスに帯電します。

3 チョウチョを放り投げて、風船をその下側にもっていく。

チョウチョが手について投げにくいですが、頑張って投げてください。空中をふわふわと落ちて行く時に、すかさずさきほどこすった風船をその下にもっていくと・・・

ふわふわと浮きます!

浮いた!チョウチョ

 風船とチョウチョの間で静電気力により反発をするような力がはたらくためです。うまくいけば、静電気力によって反発してチョウチョを飛ばし続けることができます。

このときチョウチョには静電気力による反発する力と重力が同時にはたらき、力がつり合ってます。

この実験のポイントは風船を使っているということ。よくいろいろな実験の本ではプラスチック製の棒を使うのですが、風船のほうが静電気が「面」で発生するため、より安定して飛ばせ続けることができます。

この実験はナリカサイエンスアカデミーで小森先生に教えていただきました!ありがとうございました。

それでは!Enjoy science!

次の科学のタネ

ご質問はありませんか?お答えします。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。ブログにて回答させていただきます。

科学のネタから出た本はこちらです。運営者に関してはこちらからどうぞ。

・メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

・フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


・動画授業をはじめました。登録はこちらからお願いします。


[adsense]