見た!深海から帰ってきたカップ麺の容器の実物

LINEで送る
Pocket

※ 6月2日〜4日までは旅行行事期間中のため、予約投稿をした記事でお届けしています。

先日、学校説明会のために国際フォーラムにきていました。
そのときに一緒に展示をしていた東京大学待機海洋研究所のブースでは、

よく資料集などでみるカップ麺の容器を深海に沈めるとどうなるか?という展示物があり、なんと手にとって眺めることができました!感動!!

実際に手にとって眺め回したことがなかったので、いろいろな方向から、
容器の様子を見ることができて楽しかったです。

裏面をみると、いつ、どこで、どの水圧まで沈めたのか?
ということがかいてありました。

授業で生徒に見せようと思って写真をパシャパシャととってしまいました。できれば本物がほしかったのですが(生徒に見せたかった!)、売っていたり、くださったりはできないそうです。当たり前ですね汗。

  

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)