【必殺】赤字入り教師用・穴空生徒用の2ファイル問題を切る!

LINEで送る
Pocket

2つのファイルを更新するのが大変だ!

皆さんは教師共有用の赤字の答え入りのプリントと、そこから赤を抜いた穴あきのプリントを作っていませんか?

複数の教員で1つの教科を教える場合、足並みを揃えるためにプリントが必要になることがあります。またそのプリントは、何が入るのかとか、答えなどが必要で、いままでぼくは教師用(赤字有り)と生徒用(赤字無し)の2つのファイルを管理していました。

でも生徒用のプリントと教員用のプリント2つファイル作ることではなくて、1つのファイルの中で赤字とそれを抜いたものを管理できると便利ですよね。とくにプリントを直すときには、どちらも直したりページをあわせたりする必要があって大変です。

編集作業が複雑になってきて、ミスが多くなります。いろいろとどうやっているのか同僚に聞いていたのですが、解決策がみつからずに3年間がたちました。でもとうとう発見しました!見つけたのが今日紹介する方法です。

ぜひお役立てください!

教員用プリントと生徒用プリントを1つのWordファイルで管理する方法

windowsの場合

今から説明する手順はwindows版のwordでの方法です。基本的には、赤い文字を白い文字に置換するという単純な方法です。まずは手順を御覧ください。

① 教員用プリントの作成をする。隠したい文字を赤字で書いておく。

② 生徒用プリントを用意をするには、上のタブ「ホーム」から「置換」を選びます。

② 検索する文字列にカーソルが点滅しているのを確認します。下の書式からフォントを選びます。

③ フォントの色を「赤」に選びます。

④ 検索する文字列のところに、「赤」がセットされたことを確認します。

⑤置換後の文字列のところの枠をクリックして、カーソルをあわせます(カーソルが点滅します)。この状態で同じように書式からフォントを選び、色を白にします。すると、置換後の文字列の下に「背景1」というものがセットされます(白が背景1としてもともと設定されているようです)。

⑥ すべて置換を押します。

赤字の部分が白で置換されて、これで生徒プリントが完成します。また消えたわけではなく、白で置換されただけなので、逆の作業をすればまたもとに戻ります。

これで一気に片付いてしまいました!基本的には教師用を作成しておいて、生徒に配る段階になったら、赤字をふせて印刷をすればいいのですね。

改訂の必要があれば、教師用の赤字入りを常に直していくことにすれば、1ファイルで済むので、編集でのズレは生じません!

次のステップとして、赤字をキーボードで一発で設定したい!次にはそう思うと思います。その方法についてはこちらを御覧ください。

授業プリントの効率的な作り方!赤字の一発設定法
昨日は授業プリントを作るときに、赤字の答え入りの教員用プリントWordファイルと、それを抜いた生徒用の穴あきプリントWordファイルの...

Macの場合

MacのWordでもほとんど同じです。

① 答えの欄を赤で記入をしておく

② メニュー「編集」から「検索」 → 「検索と置換」

③ 検索と置換ボックスの「歯車マーク」→「高度な検索と置換」

④ ウィンドウ左下の矢印マークをクリックして、メニューを広げます。検索する文字列にカーソルをあてて、点滅している状態にしてから、下の書式→フォント→赤を選びます。

⑤ 置換のタブをおすと、検索する文字列の下に「赤」がでます。

⑥ 次に置換後の文字列のところにカーソルをあてて、点滅している状態にしてから、下の書式→フォント→白を選ぶびます。

⑦ セットされたのを確認して、「すべて置換」を押すと、みごと消えます。

便利!

 赤字をショートカットで一発で設定したいと思ったらこちらをお読みください。

授業プリントの効率的な作り方!赤字の一発設定法
昨日は授業プリントを作るときに、赤字の答え入りの教員用プリントWordファイルと、それを抜いた生徒用の穴あきプリントWordファイルの...

もっと良い方法はあるのでしょうか。もし知っていたらぜひ教えてください(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)