ここだけの話!新幹線をゆっくりと見たいときに行きたい場所

LINEで送る
Pocket

「電車をゆっくりみたい!」ということありませんか?

ぼくは「鉄ちゃん」ではないので、電車がすごい好きというわけではありません。もともと、ぐんま県やさいたま県の出身なので、電車よりも身近に目にする車が好きです。

そんなぼくなのですが、電車の仕組みやデザインなどは好きなので、やはり電車が通ると写真をとるというほどではないのですが、見続けてしまいます。

昔生徒といっしょに絵本を作ったこともあります。絶版になってしまいましたが、こちらです。

中でも新幹線はその形がきれいで、なかなか見る機会は無いのですが、通るときには観察をしています。そんな新幹線をゆっくり見れる、とっておきの場所を今日は紹介したいと思います。

それがこちら!どこだかわかりますか?

交通会館

これは有楽町駅の前にある交通会館の3Fの屋上のベンチからの様子です。ちょっとした穴場で、実はあまり人がいなかったりします。知っている人は知っていて、子連れや昼食を食べているサラリーマンなどが多いかなという感じです。今日もゆっくり座ることができました。

ちょうど新幹線の線路が手前にみえて、3〜5分に1本は通っていきます。また東京駅がすぐ近くなので、これがオススメの最大ポイントなのですが、新線の速さがかなり遅い。そんのためゆっくり上りも下りも見れます。

N700がよく見えました。

10ヶ月の子供も、動くものが好きなようで電車をじっくりと観察していました。将来鉄ちゃんにならないことを、今から祈っています。

その他にも交通会館には1Fに北海道のアンテナショップで売られているソフトクリームがありますが、実はB1に福岡県のアンテナショップがあり、あまおうソフトというのが売られています。実はこっちのほうがおいしい。とぼくは思っています。北海道に比べると人気がないので、こちらも穴場です。ぜひ食べてみてください(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。